世界中の自動車メーカーがアクセルを踏みはじめた電気自動車(EV)の開発や市場投入。しかし国内ではマンションでの充電設備導入が進まず、EV普及の足かせになっている。技術的な問題に加え、管理組合での同意形成など特有の課題が立ちはだかる。

駐車場への充電設備設置が課題に(都内の高層マンション)(写真=アフロ)

 「数台のEVのための電気代や設置費用を誰が負担するのか、という一部住民からの反発があり普及が進まない」。こう話すのは、マンション等への充電設備導入サービスを展開するユアスタンド(横浜市)の浦伸行社長だ。

 マンション駐車場への充電器設置はいわゆる「共用部」の変更となる。管理組合の総会で半数以上の票を集める必要があるが、負担増に反対する声が多いというわけだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1101文字 / 全文1403文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。