東京電力ホールディングスと中部電力、日立製作所、東芝の4社が原発の共同事業化の検討で基本合意した。原発の建設、運営、保守、廃炉などで協力する体制を整え、再稼働もままならない原発事業の維持を目指す。もっとも業界内では中部電の参画意図が分からないとの声が上がる。同社が参画する真意はどこにあるのか。

<span class="fontBold">中部電力の浜岡原発にメリットをもたらすとの期待も</span>(写真=時事通信フォト/朝日航洋)
中部電力の浜岡原発にメリットをもたらすとの期待も(写真=時事通信フォト/朝日航洋)

 東京電力ホールディングス(HD)、中部電力、日立製作所、東芝の4社は8月28日、原発の共同事業化の検討に向け基本合意書を締結したと発表した。原発の建設、運営、保守、廃炉などで協力する体制を整えるのが狙い。共同出資会社の設立も検討するとみられる。

 4社に共通するのは、沸騰水型軽水炉(BWR)と呼ばれる原発を手掛けていることだ。東電と中部電は建設や運営に携わり、日立と東芝は製造と保守にかかわってきた。だが、2011年の東日本大震災後に新しい安全規制が敷かれるようになってからは、国内で稼働するBWRは1基もない。日立が19年1月に英国での原発新設計画を凍結。東芝は海外の原発建設事業から撤退した。

 原発の再稼働や建設が滞る中では、各社の原発事業は維持することすら難しくなりかねない。そこで4社は18年8月から協議を開始。今回、4社で具体的に協業体制の構築に向けて検討することで合意したわけだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り852文字 / 全文1404文字

【初割】月額プランが3月末まで無料

人気コラムも、特集もすべての記事が読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

2/27開催 「成長と所得の好循環は起こせるか? 西村経済産業大臣と議論」

 脱炭素やデジタルトランスフォーメーション(DX)、経済安全保障など、日本の経済社会や企業の経営環境には大きな変革の波が押し寄せています。いずれの分野も官民連携が欠かせず、適切な経営判断や消費者の行動変容には法制度や政府の政策の大枠、方向性をつかんでおくことがますます重要となっています。

 日経ビジネスLIVEでは2月27日(月)18時から、「成長と所得の好循環は起こせるか? 西村経済産業大臣と議論」と題して、日本が今後進むべき成長の道筋や政府の取り組み方針などについて聞くウェビナーを開催します。ウェビナー後半では視聴者の皆様からの質問もお受けし、議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。

■開催日:2023年2月27日(月)18:00~18:40(予定)
■テーマ:「成長と所得の好循環は起こせるか? 西村経済産業大臣と議論」
■講師:西村康稔氏(経済産業大臣)
■モデレーター:安藤毅(日経ビジネス編集委員)
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料:日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)

>>詳細・申し込みはリンク先の記事をご覧ください。