韓国人観光客の減少は輸出規制など日韓関係の悪化が原因とみる向きが強い。もっとも、韓国の反日感情もさることながら、足元で進行するウォン安の影響も大きい。出口の見えないウォン安は韓国からの観光客に依存した地域に影を落としている。

 「こんなに人がいない8月なんてこれまでなかった。団体客はキャンセル続きだし大打撃」。九州本土から北におよそ130km。長崎・対馬にあるホテルの女性従業員はこう嘆いた。

 2018年に41万人超の外国人が訪れるなど観光の島としても知られる対馬。うち40万人以上は海を隔ててわずか50kmの韓国からの観光客だ。だが、この夏は「お得意様」の来訪が大幅に減っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り897文字 / 全文1199文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。