全2767文字

トヨタ自動車とスズキが8月28日、資本提携で合意したと発表した。独禁法対応など交渉過程ではハードルもあったが、資本提携がゴールとの鈴木修会長の思いは揺るがなかった。大手の庇護(ひご)を求めた38年間の紆余曲折の末、修会長は90歳を目前にやっと安寧の地にたどり着いた。

スズキが資本・業務提携していた米ゼネラル・モーターズのジョン・スミス会長(当時、右上の写真右)。その後、2009年に包括提携を結んだ独フォルクスワーゲン(VW)のマルティン・ヴィンターコーン会長(当時、左上の写真右)。VWと提携解消し16年にトヨタ自動車との提携検討を発表(中央)(写真=左上:読売新聞/アフロ、右上:AP/アフロ、中央:毎日新聞社/アフロ)

 「内々定」から3年、待ちわびた「内定」をもらえた。スズキにとり、トヨタ自動車との資本提携合意はこう言い表せるだろう。2016年秋に業務提携の検討を発表してから3年、鈴木修会長にとって本当のゴールが訪れた。

 資本提携していた独フォルクスワーゲン(VW)とけんか別れしたのが15年。膨大な研究開発費を必要とするCASE時代を見据え、世界中の自動車メーカーが連合を組み始めるなか、「独り身」になったスズキの行方は焦点だった。

豊田章一郎氏と「あうんの会話」

 「中小企業のおやじ」を自任する修会長は、生き残りには大手の傘下に入ることが必要というのが持論。16年9月、トヨタの豊田章一郎名誉会長の元を訪れ提携を頼み込んだ。ともに創業家出身で日本の自動車産業をけん引してきた。トヨタの豊田章男社長曰く「このお二方が話し合われるのは歴史と次元が違う。2人だからこそのあうんの会話」。すぐに業務提携の検討が始まった。

 「あうんの会話」には「資本」のニュアンスも含まれていた。スズキが09年にVWと資本提携を決めた時、章一郎氏は修会長に「VWはやめておけ」と助言していた。修会長は後に「章一郎さんの言う通りだった」と悔やんだが後の祭り。VWとたもとを分かって再び章一郎氏の元を訪れた修会長。お互い、提携のゴールが何かは分かっていた。