全1443文字

アサヒグループホールディングス(GHD)がオーストラリアのビール最大手、CUBを約1.2兆円で買収する。縮小する国内市場で競合からの猛追を受けるアサヒは、大胆な資金投下で海外に活路を求める。買収額は同社として過去最大規模。市場から「高値づかみではないか」との声も聞こえる。

豪ビール最大手CUBは「カールトン」や「グレートノーザン」などの人気ブランドを持つが、販路は豪州が大半だ

 「日欧豪の三極体制が整う」。8月1日、アサヒGHDの小路明善社長兼CEO(最高経営責任者)は中間決算会見で7月19日に公表した豪ビール最大手、カールトン&ユナイテッドブリュワリーズ(CUB)の買収の意義を強調した。

 世界ビール最大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー、ABインベブ)傘下のCUBは人口2500万人の豪州でシェア46%を握り、1.4%のアサヒのシェアは跳ね上がる。CUBは2018年12月期の売上高が日本円換算で1734億円、営業利益は748億円。寡占市場で収益性は高いが規模が小さく、1兆2096億円の買収額に「やや高い」(証券アナリスト)との声が出る。

 小路氏は「ハードな交渉だった」としながらも「妥当な範囲(の額)で買収できた」と語る。これまでも小路氏はアサヒのグローバル化を指揮してきた。16~17年にABインベブから、やはり約1兆2000億円で「ペローニ」や「ピルスナーウルケル」といった世界各国に販路を持つ収益性が高い高級ビール事業を買収。今ではアサヒの売上高の3割、事業利益の4割を海外が占める。