日経ビジネスは今年10月の創刊50周年に向け、「目覚めるニッポン」と題して読者参加型プロジェクトを始めた。小林喜光・三菱ケミカルHD会長と三枝匡・ミスミグループ本社シニアチェアマンの対談が最初の題材だ。日本が再成長するための一手とは何か。経営者や識者の提言を題材に、読者とともに考えていく。

 平成の30年間、日本はグローバル競争で「負けた」と思いますか?──。

 日経ビジネスが今年10月に創刊50周年を迎えるに当たって始めた、読者参加型プロジェクトの「目覚めるニッポン」。日経ビジネス電子版では7月26日から、経営者や識者の提言を題材に議論を始めた(意見の投稿は有料会員限定)。

 最初のテーマが冒頭の質問だ。日経ビジネス7月29日号に掲載した三菱ケミカルホールディングスの小林喜光会長と、ミスミグループ本社の三枝匡シニアチェアマンの対談「惨敗30年、目覚めの時」で、両氏は日本の現状に極めて厳しい見方を示した。

日本は5兆ドル(500兆円)前後で停滞続く
●日本と米国、中国の名目GDPの推移
日本は5兆ドル(500兆円)前後で停滞続く<br/><small>●日本と米国、中国の名目GDPの推移</small>
出所:International Monetary Fund, World Economic Outlook Database, April 2019
[画像のクリックで拡大表示]
現状には満足している国民が多い
●現在の生活にどの程度満足しているか
現状には満足している国民が多い<br/><small>●現在の生活にどの程度満足しているか</small>
出所:内閣府「平成30年度国民生活に関する世論調査」 (2018年6月)

 「この30年、日本の名目GDP(国内総生産)は500兆円前後を行き来し、ほぼ成長はフラットな状態だった(略)内閣府の世論調査では国民の75%、若者の83%が『現状に満足している』と回答している。ぬくぬくと生きている場合ではないでしょう」(小林氏)

 「バブル経済が崩壊してから27年、企業も社員も『金を使うな』『投資をするな』と頭をたたかれ続けた(略)国が滅びるということは簡単には起きませんが、様々な制約から、国や企業がいずれ立ち行かなくなる危険性は十分にある」(三枝氏)

続きを読む 2/3

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り794文字 / 全文1453文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。