テキサス州で見つけた中古車ディーラーが、面白い販売手法を取り入れていた。特製の大きなコインを投入すると、中古車がガラス張りのビルから降りてくる“自動販売機”だ。展開する企業を調べてみると興味深い事実が次々と出てきた。見せかけだけでないこの会社の実力とは?

中古車がガラス張りに収められたカーバナの自動販売機
中古車がガラス張りに収められたカーバナの自動販売機

 テキサス州プレイノにあるトヨタ自動車北米本社を訪れた時、面白い販売手法を取り入れている中古車販売会社が近くにあると聞いて行ってみた。その時に撮影したのが右の写真だ。奥に写る7層に分かれたガラス張りの建物が、大きな円盤のような「コイン」を入れると中古車を購入できる自動販売機だ。

 この自販機を展開するのがオンライン中古車ディーラーの米カーバナだ。2012年創業で17年にニューヨーク証券取引所に上場。18年の売上高は19億6000万ドル(約2130億円)、販売台数は9万4108台。19年1~3月期は売上高が前年同期比110%増の7億5520万ドル、販売台数は同99%増の3万6766台と急成長している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り888文字 / 全文1323文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。