10月の消費増税を前に自動車メーカーが軽自動車の新型車を相次ぎ投入している。ダイハツ「タント」、ホンダ「N-WGN(エヌワゴン)」といった新型車の戦略を読み解くと3つの「K」が見えてくる。ターゲットにするのは子育て世代、高齢者。そして、海外市場だ。

ダイハツの「タント」は高齢者を意識した装備を充実させている

 軽自動車は車高が高い車両のラインアップが増えている。近年は特に「スーパーハイト」と呼ばれる車高1700mm以上の車種が主流だ。2018年度の年間販売台数で国内トップの約24万台を記録したホンダの「N-BOX(エヌボックス)」や、スズキの「スペーシア」などがスーパーハイトに相当する。

 スーパーハイトが主な顧客層としているのが、1つ目のKである子育て世代。高さが生む広い室内空間に加え、後部座席はスライドドアで開口部を大きく取り、乗り降りしやすい。荷物の積み下ろしも容易にしている。

 ダイハツ工業が7月9日に発売した新型「タント」もスーパーハイトに区分される。ファミリー層に加え、「高齢者まで徐々に利用が広がってきた」(奥平総一郎社長)として、標識を認識したり駐車場での操作を支援したりする装備を加えた。2つ目のKである高齢者に対応し、安心して運転できる機能を重視している。助手席に小さな手すりを取り付けるオプションも加えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り653文字 / 全文1195文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。