2012年に資本・業務提携を結んだヤフーとオフィス用通販大手のアスクル。個人も含めたネット通販で国内首位を目指し、良好な関係を築いていたが、今年に入って関係が悪化した。ヤフーはアスクルの個人向けネット通販事業を手に入れたい意向だ。なぜ対立が深まっているのだろうか。

トップ同士の意思疎通も滞っていた。アスクルの岩田氏(左)とヤフーの川邊氏(右)(写真=左:佐藤久、右:つのだよしお/アフロ)
   

 7月18日、アスクルの岩田彰一郎社長は都内で開いた記者会見で「成長事業を支配株主(ヤフー)に乗っ取られようとしている」と語気を強めた。ネット通販のテコ入れを急ぐヤフーが今年1月にアスクルの個人向け通販事業「LOHACO(ロハコ)」の譲渡の可否を検討するよう求めたという。アスクルは拒否し、ヤフーは8月2日に開くアスクルの株主総会で、岩田社長の再任反対を表明する二の矢を放った。

 岩田社長はヤフーの動きについて「すべてが不可解」と不信感を強めている。ヤフーとの資本・業務提携の解消を求めるなど泥仕合が続いている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1002文字 / 全文1402文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。