第一生命経済研究所の永浜利広・首席エコノミストによると、7~9月期の日照時間が10%減少すると個人消費は0.6%程度押し下げられるという。永浜氏は「冷夏が長期化すると日本では個人消費に悪影響が及びやすい」と、景気全体への影響を指摘している。

 では冷夏はどれくらい続くのか。気象庁が7月18日に発表した向こう1カ月の天候の見通しによれば、平均気温は北日本では「平年並みか高い」が、東日本や西日本は「ほぼ平年並み」の見込み。冷夏は続かない公算が大きい。

エルニーニョ現象は終息か

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1202文字 / 全文2599文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2019年7月29日号 16~17ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。