ドナルド・トランプ 米大統領

7/11@ツイッター
中国は米国から農産品を買うと約束したのにまだ買っておらず、失望している。早期に実行すると期待している!

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は6月末に開いた米中首脳会談後の記者会見で、中国が米国から大量の農産品を「即座に」輸入し始めることで合意したと表明。農産品の購入と引き換えに、トランプ政権はほぼすべての中国製品に対象を広げる第4弾の制裁関税を見送り、中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)への制裁も緩和するとしていた。だが、両国のすれ違いが鮮明になっており、貿易戦争が収束する道筋は見えていない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り850文字 / 全文1125文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。