全1438文字

アップル製品のデザインを主導してきたジョナサン・アイブ氏が年末までに同社を離れる。アイブ氏は工業デザインのあり方を大きく変えただけでなく、モノづくりの常識も覆した。大量生産品には不向きとされた切削加工を全面採用。その影響は工作機械や半導体、素材に広がった。

アップルを去るアイブ氏(奥)とクックCEO(写真=Justin Sullivan/Getty Images)

 「iPhone」や「iPad」など米アップル製品のデザインを主導してきたジョナサン・アイブCDO(最高デザイン責任者)が2019年末までに退任する。6月27日の発表は、アップルファンのみならず世界中で大きな反響を呼んでいる。

 アイブ氏が影響を与えたのは工業デザインにとどまらない。アップル製品に詳しい技術者のA氏は、「製造業に新たなトレンドをもたらした」と話す。最も大きいのが、アルミニウム合金のかたまりを削り出す「切削加工」で作った金属筐体(きょうたい)を、ノートパソコンやスマートフォンといった電子機器に採用したことだ。

 アイブ氏が切削加工にこだわったのは、加工精度が高くデザインの自由度が高まるからだとされる。切削加工の精度はプレス加工に比べて少なくとも1桁高く、設計変更も切削加工の方が容易だ。プレス加工の場合、筐体の形状を変えるには金型を変える必要があるが、切削加工なら工作機械のCNC(コンピューター数値制御)のプログラムを変えるだけですむ。

 ただ従来は、電子機器の金属筐体では切削加工は一般的ではなかった。加工時間が長くなるのがその主な理由で、「プレス加工なら数秒で作れる形状が、切削加工は1時間かかった」(A氏)。