ドナルド・トランプ 米大統領

7/3@ツイッター
イランよ、脅しは気を付けてやれ。これまで経験がないほどのしっぺ返しが待っているぞ

(写真=ユニフォトプレス、以下同)

イランのロウハニ大統領は7月3日、保有するウランの濃縮レベルを高める表明をした。イランは米国の制裁への対抗策として、段階的に核合意の義務履行を停止する考えを示した。同1日には核合意で定めた制限を超える低濃縮ウランの貯蔵を明らかにしていた。トランプ米大統領は、ロウハニ師が核開発推進の構えを見せたと捉えて即座に報復措置を示唆。さらなる圧力をかける狙いがあるとみられている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り843文字 / 全文1094文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。