昨年10月末、瀬戸欣哉氏のCEO解任から始まったLIXILグループのガバナンス騒動。 6月25日の株主総会で、瀬戸氏側の株主提案が会社提案に勝利し、決着した。ただ、決議結果の差はわずか。瀬戸氏を勝たせた要因とは何だったのか。

株主総会後に記者会見する瀬戸欣哉氏(右)(写真=稲垣 純也)
 

 その瞬間、瀬戸欣哉氏はリスクを背負いながらも約8カ月に及ぶ戦いを支えてくれた社内外の関係者たちへの感謝の気持ちで満たされていた。

 6月25日に開かれたLIXILグループの株主総会。瀬戸氏は株主からCEO(最高経営責任者)の職務を再び託された。昨年10月末に不適切な手続きで解任された瀬戸氏らは、ガバナンス不全を正すために8人の取締役候補者を株主提案。会社提案の独自候補者8人と、どちらの陣営が取締役会で多数派を占めるかが総会の最大の争点だった。

LIXILグループの株主総会での決議結果
※赤字は否決、オレンジの網掛けは社内取締役
 

 2時間かけて集計した決議結果の発表は、株主から過半数の承認を得て選任された取締役の名前が読み上げられる形で進んだ。まずは会社側の候補者。竹内洋氏と福原賢一氏の2人の名前はなかった。「落選」である。

 瀬戸氏側候補者の決議結果の発表に入った。1人目の西浦裕二氏から、リストの順番通りに名前が告げられる。「番狂わせが起きたかもしれない」。瀬戸氏はじっと、株主が座る会場を見つめていた。

 「瀬戸欣哉氏が賛成過半数のご賛同を得て、承認可決されました」

 議長を務めた山梨広一氏(当時:社長兼COO=最高執行責任者)が、最後に瀬戸氏の決議結果を読み終えた。選任されたのは会社側6人に対し、瀬戸氏側は8人。拍手の中で株主総会は閉幕した。瀬戸氏の元には、涙を流しながら握手を求めてきた株主もいた。

 株主提案が会社提案を退けるという、日本では異例の結末を迎えたLIXILの株主総会。会社側も瀬戸氏側も総会直前まで「かなりの接戦になる」と覚悟していた。総会会場で株主にマークシートが配られ、その場で投票するという手続きも、事前の議決権行使で大差がついていればあり得ないことだった。

圧倒的に不利な株主提案

 「勝てると信じていた。人事を尽くして天命を待った、ということです」

 瀬戸氏は総会直後、日経ビジネスの取材にそう答えた。だが、資金力、組織力、総会運営において、会社側は圧倒的に有利な立場にある。

 株主総会当日も、立場の違いは明確だった。会社側候補者の控室は広く、コーヒーも提供された。一方の瀬戸氏側に用意された控室は候補者全員がようやく入れる程度。会場では壇上に席はなく、パイプ椅子が並べられた“特別席”が用意された。瀬戸氏にも発言の機会は与えられたが、それを打ち消すかのように議長の山梨氏が会社側の主張を繰り返した。

 瀬戸氏は「勝ち」を確信していたというより、確信せねばならなかった。「瀬戸さんが弱気になれば、この取り組みは瓦解していた」(瀬戸氏支持の執行役)。

続きを読む 2/6

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4901文字 / 全文7258文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。