ドナルド・トランプ 米大統領

6/22@ツイッター
私はイランへの空爆を撤回したわけではない。今は実行に踏み切るのを停止しているだけだ


(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は無人機を撃墜したイランへの報復として6月20日に予定していた空爆を土壇場で撤回した。22日にはツイッターで、いつでも作戦を再開できると示唆した。一方で23日に放送された米NBCテレビのインタビューでは、「戦争がしたいわけではない。イランとの交渉に前提条件はない」とも語っている。和戦両にらみでイランと対峙し、核開発を巡る問題で譲歩を引き出そうとしているようだ。

トランプ氏の書簡、慎重に検討
金正恩 北朝鮮委員長

6/23@北朝鮮・朝鮮中央通信
トランプ大統領の政治的判断能力と並々ならぬ勇気に謝意を表する。興味深い内容を慎重に考えてみる

(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

トランプ大統領から書簡を受け取った北朝鮮の金正恩委員長は「素晴らしい内容」と評した。ただ非核化を巡る協議が再開されるかは不透明だ。