ドナルド・トランプ 米大統領

6/22@ツイッター
私はイランへの空爆を撤回したわけではない。今は実行に踏み切るのを停止しているだけだ


(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は無人機を撃墜したイランへの報復として6月20日に予定していた空爆を土壇場で撤回した。22日にはツイッターで、いつでも作戦を再開できると示唆した。一方で23日に放送された米NBCテレビのインタビューでは、「戦争がしたいわけではない。イランとの交渉に前提条件はない」とも語っている。和戦両にらみでイランと対峙し、核開発を巡る問題で譲歩を引き出そうとしているようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り854文字 / 全文1118文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。