仏大統領、米国をけん制
エマニュエル・マクロン 仏大統領

6/6@ノルマンディー上陸作戦の75周年記念式典
米国は他国の自由のために戦い、建国理念に忠実であるときにこそ、最も偉大な国になる

(写真:ユニフォトプレス)
(写真:ユニフォトプレス)

昨年11月のトランプ大統領の訪仏以降、安全保障や貿易を巡って関係が悪化していた。演説では融和を演出すると同時に米国をけん制した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り579文字 / 全文1155文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。