ドナルド・トランプ 米大統領

6/8@ツイッター
対メキシコ関税の無期限延期に合意した。代わりにメキシコは移民を食い止める強力な措置を取る


(写真:ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は、6月10日に予定していた対メキシコ関税の発動を見送ると発表した。不法移民対策が不十分だとして、段階的に関税を引き上げる計画だったが、メキシコとの協議の末に土壇場で延期を決めた。メキシコはグアテマラ国境付近に国家警備隊を配備するなど、中米諸国から米国への不法移民の流れを止める策を講じるが、その成果が出なければ再びトランプ大統領の強硬策が浮上し、貿易戦争に突入する可能性もある。

FRB議長、利下げも示唆
ジェローム・パウエル 米連邦準備理事会(FRB)議長

6/4@討論会での講演
我々は貿易問題の米経済への影響を注視し、2%のインフレ率を保つために適切な行動を取る

(写真:ユニフォトプレス)

米国と中国・メキシコの貿易問題で景気の下振れリスクが高まれば、金融緩和に転換する考えを示唆した。しかし現在の利下げ余地は乏しい。

続きを読む 2/3

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り579文字 / 全文1155文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。