ココカラファインにマツモトキヨシHDとスギHDがそれぞれ経営統合を申し入れる異例の再編劇が動き出した。提案した側の2社はいずれもココカラと店舗網が重ならず、統合効果が大きいと主張している。ココカラは再編を主導できる立場になる。突然はしごを外されたマツキヨにはココカラへの不信感もある。

3社は出店の地域的な重なりが少ない。マツキヨ、スギの両社はそれぞれ、ココカラとの補完性が高いとみている

 6月1日、業界7位のココカラファインと同6位のスギホールディングス(HD)は「経営統合の検討を始める」と発表した。これを受け、その1カ月前にココカラと資本業務提携の検討で合意していた同5位のマツモトキヨシHDは5日、「経営統合を含むあらゆる選択肢の検討及び協議を進める」と当初方針を修正して対抗した。ココカラは7月末までにスギとの基本合意書締結を目指す一方、特別委員会を設け、双方との協議を客観的に検討するという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り851文字 / 全文1209文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。