格安航空会社、ジェットスター・ジャパンが突然、6月に予定していた70便の運航を取りやめた。同社は「パイロットの体調不良や有給休暇の取得が理由。7月には正常化する」としている。だが、業界ではJALが設立したLCCによるパイロット引き抜きが原因との見方があり、今後尾を引く可能性も。

完全子会社LCC登場でJALとジェットスターに距離?
●JALとLCC2社の関係図
   

 「説明通りの理由での減便なら、オペレーションがずさんとしか言いようがない。うちでは考えられない」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1178文字 / 全文1379文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。