全1505文字

セブン銀行が、銀行口座を介さない現金受け取りサービスなど、新しいATMの活用法に力を入れている。次々とベンチャーとの提携を決め、新サービスの拡大を図っている。他行のATM受託などで成長してきたが、1日当たりの取引件数は減少傾向。事業の多角化を急ぐ。

SMSなどに届いた暗証番号を入力し、現金を受け取る
  

 キャッシュレス決済が活発になる一方で、現金を扱うATM(現金自動預け払い機)ネットワークは銀行経営の重しになりつつある。そんな中、セブン銀行が事業会社との提携を通じて新たなATMの利用方法を模索している。