仏ルノーと欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との経営統合構想が白紙に戻った。ルノー筆頭株主のフランス政府が統合検討を渋ったことを受け、FCA首脳が即座に決断した。両社は「復縁」を模索しているとされ、株主総会を控えた日産自動車への揺さぶりが激しくなりそうだ。

統合交渉を主導したFCAのエルカン会長(右)はマクロン大統領(左)率いる仏政権の介入を嫌い撤回を決めた。(写真=左:AP/アフロ、右:ロイター/アフロ)
   

 「会社同士では握れていた。仏政府の壁が思ったよりも高かった」。FCAがルノーへの統合提案を取り下げた6日、交渉関係者はそう言ってため息をついた。FCAによるルノーへの経営統合提案からわずか10日。仏政府の煮え切らない態度に、FCAのジョン・エルカン会長はあっさりと撤回を決めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2365文字 / 全文2671文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。