全1332文字

ドラム式の洗濯乾燥機やエアコンなどの白物家電が好調だ。共働き世帯の増加によって便利な高価格帯の家電の販売が増加。猛暑でエアコンも好調に推移している。メーカーは今月下旬からのボーナス商戦でも、消費増税前の駆け込み需要があるとみて期待をかける。

パナソニックは洗剤の自動投入機能が付いたドラム式洗濯乾燥機の販売が好調という
白物家電出荷額が12カ月連続で増加
●白物家電の出荷額と前年同月比の増加割合
出所:日本電機工業会民生用電気機器自主統計調査、ルームエアコンは日本冷凍空調工業会調査

 日本電機工業会(JEMA)が5月28日に発表した白物家電の4月の国内の出荷額は前年同月比13.2%増の1795億円だった。前年実績を上回るのはこれで12カ月連続。これほど長くプラス成長が続くのは、2014年4月の消費増税の反動増が出た15年5月からの13カ月連続以来だ。消費に陰りが出つつあるといわれる中で、なぜ、白物家電は売れ続けているのだろうか。

 家電量販大手ビックカメラの担当者は「共働き世帯の増加で、便利な家電を購入する人が増えている」と話す。実際、家事の時短につながる洗濯乾燥機の4月の出荷額は23.9%増の148億円。パナソニックが17年10月に投入した、あらかじめ大量の洗剤を入れておけるドラム式洗濯乾燥機の場合、18年10月~19年4月の販売台数が前年同期比2割増えた。ドラム式洗濯乾燥機は価格が20万円以上のものも多く、10万円弱の縦型よりも高価だが、それでも「消費者は安さよりも、便利な家電を求めるようになっている」と先のビックカメラの担当者は指摘する。