スーパーの特売の常連だった冷凍食品で、高価格帯の商品が増えている。共働き世帯の増加などで簡便に調理できる、加工度の高い商品への需要が高まっているためだ。業界再編で巨大化した小売りに対し、冷凍食品メーカーは弱かった立場を変えられるだろうか。

<span class="fontBold">「ウーディッシュ」シリーズ(上)や「青の洞窟」(下)は高価格だが売れている</span>
「ウーディッシュ」シリーズ(上)や「青の洞窟」(下)は高価格だが売れている

 「調理が簡単で、夕食の一品になるなら値段は気にしない」。共働きで小学生の娘を育てる都内在住の会社員の女性は週に1~2回程度、夕食に冷凍食品を使うという。デパートの食品売り場で味付けしてある冷凍の魚を400円程度で買うこともある。

 家事の時短を求める消費者の声は強く、価格が多少高い冷食でも売れる余地は広がっているようだ。店頭調査を手掛けるマーチャンダイジング・オン(東京・新宿)のスーパーを対象にしたRDS-POS調べでは、冷食は100~199円の価格帯が売上高の半分に迫る売れ筋だが、比較的高価格となる300~399円の商品の売上高が2017年通年で前年比32%増えた。18年はさらに4%増加し、売り上げ全体の15%を占める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り956文字 / 全文1409文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。