経営再建中の千代田化工建設に対し、三菱商事と三菱UFJ銀行が総額1800億円の金融支援を発表した。競合企業、投資ファンドなどがスポンサー候補に挙がっていたが、条件が合わず断念。当初は消極的だった三菱商事も、筆頭株主であるが故に支援をせざるを得ない状況となった。

自己資本比率はマイナス17.1%から約2%に回復
●千代田化工建設への金融支援の内訳
自己資本比率はマイナス17.1%から約2%に回復<br /><small>●千代田化工建設への金融支援の内訳</small>

 「出資比率が30%を超え退くに退けないのだろう」。三菱商事が千代田化工を支援すると聞いた三菱グループの幹部はこう漏らした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1129文字 / 全文1332文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。