米半導体大手クアルコムは5月1日、2019年4~6月期に約5000億円の一時収入を得る見通しだと発表した。特許紛争を繰り広げていた米アップルとの和解で、これまで滞っていた特許使用料の支払いを一括で受けるため。通信用半導体の特許を押さえるクアルコムにアップルがひれ伏した格好だ。

<span class="fontBold">クアルコムはこれから普及期を迎える5G用半導体をリード</span>(写真=ロイター/アフロ)
クアルコムはこれから普及期を迎える5G用半導体をリード(写真=ロイター/アフロ)

 米半導体メーカーのクアルコムが米アップルと繰り広げた2年余りにわたる知的財産権紛争はクアルコムの完勝に終わった。4月16日、両社は和解を発表。アップルは支払いを止めていた特許使用料を一括で支払うとともに、クアルコムから複数年にわたり半導体の供給を受けることで合意した。

 クアルコムが5月1日に明らかにした増収額がそのインパクトを物語る。アップルとの和解に伴い4~6月期に得る一時収入額の見通しは45億~47億ドル(約4950億~5170億円)に達する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1018文字 / 全文1390文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。