全2449文字

間もなく幕を閉じる平成を代表する経営者は誰か。本誌は読者へのアンケート調査を実施した。上位に選ばれたのは、ソフトバンクグループの孫正義氏や京セラの稲盛和夫氏などだ。「失われた30年」ともよばれる時代だが、「創造」と「再生」で結果を残した経営者は数多くいる。

ソフトバンクグループの孫正義氏(下段中央)など、経済が停滞する中でも突出した結果を残した経営者が上位に並んだ(写真=上段左:太田 未来子、下段中:的野 弘路、同右:共同通信、他4点:竹井 俊晴)

 「平成を代表する経営者」で1位に選ばれたのは、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長だった。

 祖業のパソコン用ソフトの卸売りから通信・インターネット分野へ軸足を移し、最近では10兆円規模の「ビジョン・ファンド」を通じた投資会社としての色合い強めるソフトバンク。孫氏の経営哲学は首尾一貫している。