全1465文字

日本や欧米、中国で新しい移動の概念「MaaS」を巡る激しい競争が始まっている。この分野で忘れてはならない国がアジアにある。人口13億人を擁するインドだ。移動手段のインフラに乏しく、ITの技術は高い。モビリティー分野の革新が一足飛びに進む可能性がある。

印ドライブジーのアビシェック・マハジャン・共同創業者

 ソフトバンクとトヨタ自動車が立ち上げた共同出資会社モネ・テクノロジーズ(東京・港)が3月末、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)市場の創出を目指し、幅広い企業が連携する枠組み「モネ・コンソーシアム」を設立したと発表した。

 MaaSは移動手段をモノではなく、IT(情報技術)を活用したサービスとして提供する概念。ソフトバンクが傾注する姿勢が鮮明になり、インドががぜん、MaaSの有力地域として浮上した。ソフトバンクは現地でライドシェアの「Ola(オラ)」を運営するANIテクノロジーズに出資済み。カーシェアリングを手掛けるDrivezy(ドライブジー)への出資検討も報じられた。