ドナルド・トランプ 米大統領

4/11@米ホワイトハウスでの米韓首脳会談前
北朝鮮に対する経済制裁は維持する。制裁の水準を引き上げることは可能だが、今はその時期ではない


(写真=ユニフォトプレス)
(写真=ユニフォトプレス)

北朝鮮に対する経済制裁の水準を「あえて引き上げていない」とすることで、北朝鮮・金正恩委員長との対話路線を堅持する姿勢を示した。一方の金氏も4月12日の最高人民会議で「もう一度(トランプ氏と)会談する用意がある」と述べた。ただし、2019年末までの期限を設け、米国に一方的な譲歩を求めている。米側が譲歩に応じる可能性は低い。両首脳は2月にベトナムで開いた会談で、非核化を巡り合意できなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り870文字 / 全文1156文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。