全1520文字

ノーベル賞学者である本庶佑・京都大学特別教授が10日、京都大学で異例の記者会見を開いた。抗がん剤「オプジーボ」の収益の還元が十分でないとし、小野薬品工業に約1000億円を要求する。小野薬品は協議を続ける構えだが、対立が長引けば産学連携の機運の高まりに冷や水を浴びせかねない。

本庶氏は自ら設立した研究支援基金への寄付を要求する(写真=共同通信)

 本庶氏のノーベル賞の生理学・医学賞の授賞理由となったのは「PD-1」という蛋白質。1992年に同物質を発見した本庶氏は、2003年7月に小野薬品と共同でがん治療法に関する特許を出願した。

 小野薬品はこの特許を基に開発したオプジーボを14年9月に国内で発売。米国では小野薬品からライセンスを受けた米ブリストル・マイヤーズ・スクイブ(BMS)が承認を取得し、世界で累計1兆7000億円を売り上げる大型医薬品となった。