ジャパンディスプレイ(JDI)が台湾と中国の企業・金融機関連合から金融支援を受け入れると発表した。2012年に日立製作所など電機3社の液晶事業を統合して発足してから7年。外資傘下で再出発を図る。当面の運転資金は確保できそうだが、成長戦略には不透明感が漂う。業界内では「弱者連合」との声も漏れる。

ジャパンディスプレイの月﨑義幸社長は厳しい表情のまま(写真=北山 宏一)

 「日の丸連合といわれるが、我々のビジネスはグローバルで展開してきた。資金も日本だけに頼らず世界から調達し、飛躍につなげていく」

 4月12日に台湾の電子部品メーカーや中国のファンドなどで構成する台中連合から800億円の金融支援を受けると発表したジャパンディスプレイ(JDI)。記者会見した月﨑義幸社長兼COO(最高執行責任者)は強気の姿勢を見せたが、その表情は終始厳しいままだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1140文字 / 全文1485文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。