第19回統一地方選の前半戦となる11道府県知事選、41道府県議選などが投開票された。注目の大阪ダブル選は大阪維新の会が制し、唯一の与野党対決の北海道知事選は与党推薦候補が圧勝した。安倍政権の政権運営や政権幹部の政治力に影響が及ぶ中、与野党は夏の参院選へ立て直しを急ぐ。

松井氏(左)と吉村氏(右)は官邸との関係を重視する(写真=アフロ)

 「都構想に反対する声があったのも事実。そうした意見も聞きながら丁寧に進めていきたい」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1251文字 / 全文1439文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。