野村ホールディングスが、これまで「聖域」とされてきた国内営業部門の抜本改革に着手する。法人や富裕層に人員を手厚く配置し、遅れていたネット系サービスの強化にも力を入れる。預かり資産営業を土台にした体制へ転換を急ぐが、末端まで意識改革が進むには時間がかかりそうだ。

 「合理化ではなく、世の中が変わってきているということだ」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1257文字 / 全文1428文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。