セブン-イレブン・ジャパンで8日、古屋一樹氏に代わり永松文彦副社長が社長に就任した。古屋氏が会長に退くのと同時に、人手不足で苦しい加盟店に歩み寄る経営へとかじを切る。セブン&アイ・ホールディングスの井阪隆一社長が、自らの体制を盤石にする人事と関係者は受け止めている。

会見に出席した井阪隆一氏(右)と永松文彦氏(4日)(写真=竹井 俊晴)

 「24時間営業の問題というよりも現場からトップに情報を吸い上げて対応するのが難しくなっていたということ」。4日、セブン&アイ・ホールディングス(HD)の井阪隆一社長は傘下のセブン-イレブン・ジャパンの社長交代の理由について、こう語った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1120文字 / 全文1381文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。