アサヒグループホールディングスが役員人事を刷新、主要子会社のアサヒビールの社長を3年で交代させた。しかも、アサヒビールの歴代社長はホールディングス幹部に昇進してきたが、前社長の平野伸一氏は退任。異例ともいえる社長交代の背景には何があったのか。

<span class="fontBold">合議制を目指すアサヒグループHDの小路社長(左)とアサヒビールの塩沢社長(右)</span>
合議制を目指すアサヒグループHDの小路社長(左)とアサヒビールの塩沢社長(右)

 「若者向けの商品で、スーパードライを活性化したい」。アサヒグループホールディングス(HD)傘下のアサヒビール社長に3月19日付で就任した塩沢賢一氏が同27日、記者会見を開き、こう抱負を述べた。

 主力ビール「スーパードライ」の販売が苦戦し、2018年12月期は2期連続の減収に陥ったアサヒビール。国内のビール系飲料の市場が縮小する中では、新たな需要の創出は喫緊の課題だ。だが、業界内では今回の社長交代に驚く声が上がる。「こんなに早く社長を代えるとは……」。前任社長の平野伸一氏が3年で退くことに競合幹部はこう話す。確かに現HD社長の小路明善氏はアサヒビール社長を5年弱務めた。しかも、小路氏はグループをつかさどるHD社長に昇格したのに対し、平野氏は退任だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り929文字 / 全文1386文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。