松屋フーズホールディングスは3月12日、ステーキ専門店「ステーキ屋松」を開業した。牛角創業者の西山知義氏が昨夏立ち上げた、“1人焼肉”店「焼肉ライク」も出店を加速している。本格的な肉料理を1人でも手軽に食べられる肉のファストフードが人気の理由とは。

<span class="fontBold">「ステーキ屋松」(東京・武蔵野)には開店直後から行列ができる</span>
「ステーキ屋松」(東京・武蔵野)には開店直後から行列ができる

 牛丼大手の松屋フーズHDが3月12日、ステーキ専門店「ステーキ屋松」を東京都武蔵野市にオープンした。開店直後から店頭に30人近い行列ができ、「肉の在庫が底を突くトラブルに見舞われた」(同社)という。今も行列ができる時間帯が長く、売り上げは「当初見込みより5割多い」水準で推移している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り569文字 / 全文1581文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。