米グーグルが2019年内にクラウド経由でのゲーム配信サービスを開始すると発表した。ゲーム専用機が不要になるのが特徴で、市場が急拡大する可能性を秘める。一方でこれまで業界をけん引してきた任天堂、ソニーにとっては新たな脅威。優位性を維持できるのか。

<span class="fontBold">グーグルが発表したスタディア用のコントローラー</span>(写真=Justin Sullivan/Getty Images)
グーグルが発表したスタディア用のコントローラー(写真=Justin Sullivan/Getty Images)

 「まさにベストのタイミングですよね」。ある国内ゲーム大手の幹部は、米グーグルのゲーム参入を歓迎する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1136文字 / 全文1317文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。