LIXILグループの潮田洋一郎会長兼CEOらに対して、取締役からの解任要求が大株主から出された。昨秋の瀬戸欣哉氏のCEOからの“解任劇”に、機関投資家らがついに「NO」を突き付けた。ガバナンスの正常化のカギを握るのは、社外取締役を中心に構成される指名委員会だ。

(写真=左、右:共同通信、上:読売新聞/アフロ)
(写真=左、右:共同通信、上:読売新聞/アフロ)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4742文字 / 全文4910文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。