全1351文字

半導体大手ルネサスエレクトロニクスが、国内主力工場の稼働停止の検討を明らかにした。中国の景気減速で、主力製品の車載用や産業機器向けのマイコン需要の低迷を理由に挙げる。だが、業界では「前代未聞」の最長2カ月の稼働停止の裏には、ルネサス特有の課題も浮かび上がる。

ルネサスエレクトロニクスは那珂工場などの稼働停止を計画する(写真=AFP=時事)

 「泥沼にはまりつつある」(英調査会社IHSマークイットの南川明主席アナリスト)、「通常ならあり得ない状況だ」(東海東京調査センターの石野雅彦シニアアナリスト)。半導体大手のルネサスエレクトロニクスが3月7日に明らかにした最長2カ月に及ぶ国内主力6工場の稼働停止について、市場関係者からは厳しい声が上がる。