ドナルド・トランプ 米大統領

2/28@米朝首脳会談後の記者会見
北朝鮮には経済成長してほしい。その代わり彼らは(核開発を)放棄しなければならない


(写真=ユニフォトプレス)

2月27~28日にベトナムの首都ハノイで会談したトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩委員長は、非核化に関して合意には至らなかった。昨年6月に史上初の米朝首脳会談を開き、蜜月関係を演出していたが、非核化の具体論に踏み込んだ今回は一転して思惑のズレが表面化した。金氏は一部の核施設の放棄で経済制裁の解除を引き出そうとしたが、トランプ氏は応じなかった。次期首脳会談の見通しは立っていない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り805文字 / 全文1069文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。