安倍晋三政権が地方向け政策のテコ入れに動き始めている。念頭にあるのは無論、夏の参院選。農業振興をはじめメニューを充実させ、公約の柱に据える方針だ。選挙の勝敗を左右する「1人区対策」として、地方重視の姿勢を一段とアピールする思惑がにじむ。

ハード・ソフトともに充実を狙う
●政府・与党が重視する主な地方向け対策
農林水産物・食品の輸出拡大
農地の大区画化など農業振興策
米価安定策の強化
訪日外国人観光対応の強化
インフラ災害対策の強化
地方での外国人材受け入れ拡大
地方での起業・就業促進
銀行による企業への出資規制緩和
海外から地方への直接投資拡大

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1285文字 / 全文1578文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。