DeNAがSOMPOホールディングスとカーシェア・リース事業で新会社を設立する。車保有時の負担をほぼなくした「0円マイカー」を柱に、新サービスで顧客拡大を狙う。多角化事業で苦戦が続くDeNA。今回の大型提携をテコに反転攻勢となるか。

<span class="fontBold">DeNAの南場智子会長(左から2人目)はカーシェア事業の強化に動く</span>
DeNAの南場智子会長(左から2人目)はカーシェア事業の強化に動く

 「所有から利用へ変わる自動車の流れを加速していく」

 2月28日、ディー・エヌ・エー(DeNA)の南場智子会長はSOMPOホールディングスとの共同記者会見でこう力説した。両社は、個人間で車を貸し借りするカーシェアリングとリースの2つの分野でそれぞれ新会社を設立し、4月以降に運営を始める。

 DeNAは2015年からカーシェア事業の「Anyca(エニカ)」を展開。車の保有者とカーシェアの利用者をスマホアプリでつなぐプラットフォームサービスをうたう。都心部を中心に、トヨタのアルファードなど若者に人気の高級車が貸し出し登録されており、会員数は20万人超。今回の新会社は原則、このエニカ事業を引き継ぐ。

0円で「マイカーオーナー」

 新会社のサービスの目玉は「0円マイカー」だ。サービス利用者に0円に近い実質負担で自動車を貸与。その代わりに月数回はカーシェアとして他の利用者に貸し出すルールだ。「無料で憧れのマイカーオーナーになれる」。こんな触れ込みで利用者を獲得し、貸し出せる車の台数増を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り739文字 / 全文1306文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。