総務省の有識者会議がスマホ市場の不公正競争の是正策を打ち出した。大手が回線を貸し出す際の料金算定方式を見直し、格安スマホ会社のコスト減・値下げにつなげるのが狙い。ただ、格安スマホにはすでに減速感も見え始めている。市場を再点火できるかどうかは不透明だ。

<span class="fontBold">「(格安スマホは)大手の奴隷」と楽天・三木谷氏</span>
「(格安スマホは)大手の奴隷」と楽天・三木谷氏

 「実現がもう少し早ければよかったのだが……」。ある格安スマートフォン(スマホ)会社の首脳がこう嘆く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1295文字 / 全文1624文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。