全1292文字

2021年にオフロードで競う新たなEV(電気自動車)レースが開催される予定だ。14年に始まった「フォーミュラE」には、欧州メーカーがEV技術を磨く場として参戦している。日本勢はエンジン車のレースに注力しているが、EVレースからは距離を置いている。

フォーミュラEのCEOが新たなEVレースを立ち上げた(写真=永川 智子)

 1月31日、英ロンドンで、「エクストリームE」と呼ぶ新しいEV(電気自動車)レースが発表された。EVレース「フォーミュラE」のCEO(最高経営責任者)であるアレハンドロ・アガグ氏が立ち上げる。

 北極やヒマラヤ、アマゾンの熱帯雨林やインド洋に浮かぶ島々でオフロードのレースを催す。運営チームには英ロスチャイルド家の環境活動家やアカデミー賞受賞の映像作家などが参加し、環境破壊の危機にさらされた場所でEVレースを開催することで世界に環境保護を訴えるという。