雇用契約を結ばない一般人に、商品配達などのサービス提供を担わせる――。米ウーバーなどが手掛けるビジネスモデルは、米国で「ギグエコノミー(日雇い経済)」と呼ばれる。シリコンバレーに拠点を構える米ポストメイツが上場準備に入ったが、前途は多難だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1316文字 / 全文1328文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。