会社法違反(特別背任)などの罪に問われた日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の弁護人が交代した。2月13日付で新たに就任したのは「無罪請負人」といわれる弘中惇一郎弁護士らだ。目標達成のために人事を尽くして最適布陣を敷く。そんなゴーン流を裁判でも見せつけている。

<span class="fontBold">ゴーン被告の弁護人は大鶴氏(右)から「無罪請負人」の弘中氏(左)に</span>(写真=3点:AFP /アフロ)
ゴーン被告の弁護人は大鶴氏(右)から「無罪請負人」の弘中氏(左)に(写真=3点:AFP /アフロ)

 仏ルノー会長に1月24日に就いたジャンドミニク・スナール氏が初来日し、日産自動車の西川広人社長兼CEO(最高経営責任者)、三菱自動車の益子修会長兼CEOと会談した2月14日。3者が融和ムードを演出して結束の強さをアピールしたのと同じ日、東京地検では日産元会長、カルロス・ゴーン被告らの刑事裁判に向けた初協議が開かれていた。

 ゴーン氏の弁護人として出席したのが弘中惇一郎弁護士。郵便料金不正事件の村木厚子・元厚生労働事務次官や、ロス疑惑の故三浦和義氏、陸山会事件の小沢一郎・自由党代表らの弁護人を務め、いずれも無罪判決を勝ち取ってきた「無罪請負人」だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り908文字 / 全文1323文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。