ドナルド・トランプ 米大統領

2/5@一般教書演説
先端産業への投資は不可欠だ。成立を目指しているインフラ関連法案に基づいて議会と協力して取り組む


(写真=ユニフォトプレス)

トランプ米大統領は、AI(人工知能)や次世代通信規格「5G」の導入を加速するため、政府の関与を強化する計画を準備している。米ウォール・ストリート・ジャーナルが一般教書演説を受けて報じた。AIや5Gは中国も国を挙げて開発に取り組む。米国政府はハイテク覇権の座を死守するためにも、国策として先端産業を支援することが不可欠と判断した。中国の産業スパイを相次いで摘発するなど、守りも固めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り893文字 / 全文1160文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。