米スターバックス前会長のハワード・シュルツ氏が2020年の大統領選に出馬する意向を示している。世界的なコーヒーチェーンを作り上げた経営手腕に加え、知名度と資金力もある。有力候補になり得る人物だが、トランプ大統領に不満を持つ層の支持を集めることができるか。

大統領選への出馬を検討しているスターバックス前会長のハワード・シュルツ氏(写真=ユニフォトプレス)

 1月28日夜、ニューヨークの書店「バーンズ&ノーブル」に、米スターバックスの前会長、ハワード・シュルツ氏の姿があった。自著を告知するイベントに登壇し、米CNBCのレポーターとおよそ1時間やり取りした。シュルツ氏は冒頭から「我々は2年以上、大統領のリーダーシップと真実の欠如を見てきた」とドナルド・トランプ大統領を批判した。

 「大統領選に独立候補として出馬することを真剣に考えている」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り995文字 / 全文1322文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。