スマホ決済、ペイペイが再び100億円分のポイントを利用者に還元するキャンペーンを始めた。前回と内容を一部改め、利用頻度を高めてもらうのが狙い。競合のLINEも高還元率のクレジットカードを発行する。陣取り合戦のためポイントで引きつけようとするが、熱狂から冷める客に利便性をどう理解してもらうのか。

新たな100億円還元キャンペーンを発表するペイペイの中山一郎社長

 「本来決済ビジネスは薄利。こんなことを頻繁にやられて、利用者に当たり前だと思われたら商売が成り立たなくなる」

 複数の金融業界関係者がこう顔を曇らせるのは「ペイペイ」が2月12日に始めた新たな利用促進策についてだ。ペイペイはヤフーとソフトバンクが共同で手掛けるスマホ決済サービス。QRコード(2次元コード)などを利用する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2318文字 / 全文2651文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。