風力発電機の唯一の国内メーカーだった日立製作所が、同発電機の生産から撤退することになった。国内では「洋上風力発電」を促進する新法が今年4月に施行される予定で、需要拡大が期待される中での決断。背景には、国内でモノづくりを進められない3つの要因があった。

国内でも洋上風力への期待は高まっていたが……(写真=読売新聞/アフロ)

 日立製作所は1月25日、埠頭工場(茨城県日立市)で手掛ける自社開発の風力発電機の生産から撤退すると発表した。今後は子会社の日立パワーソリューションズ(日立PS、同)が提携する独風力発電機メーカー、エネルコンとの協業を拡大し、あらゆるものがネットにつながるIoTやAI(人工知能)を使った風力発電所の運営支援などのサービスに注力する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1064文字 / 全文1364文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。