全4646文字

上場企業の2018年4~12月期決算発表が本格化している。企業にとって悩ましいのは、国際情勢が不透明感を増す中、19年1~3月期以降をどう見通すか。日本電産は中国の経済減速を受け、19年3月期予想を大幅に引き下げた。「下方修正」ラッシュは続くのか。

(写真=Imaginechina/アフロ)
「46年間で初めて」と環境変化に驚いた日本電産の永守重信会長(写真=共同通信)

 先の見通しにくい経営環境が続く中、日本電産の永守重信会長兼CEO(最高経営責任者)が強烈なシグナルを放った。「46年間、経営をやってきて月単位でこんなに落ち込んだのは初めてだ」

 そう危機感をあらわに1月17日に発表したのが2019年3月期業績予想の下方修正だ。中国を中心に想定を上回る需要減に見舞われたとして、売上高で1500億円、営業利益で500億円を当初予想から引き下げた。